クレジットカード現金化物語

これは僕とクレジットカード現金化の物語です。

朝、目がさめると、僕の手元にはお金がなかった。
僕は絶望の重りに潰されて、ベッドから立ち上がれずにいた。しかし、僕は今日すぐにお金が20万必要だった。頼りになる相手もいない。しかも、既に僕は金融業者からお金を借りているので、多重債務も、これ以上の利息も払えなかった。

どうしようもなくて途方に暮れていると、僕はインターネットである情報を手にいれた。それは「クレジットカード現金化」というサービスだ。
「クレジットカード現金化」と検索するとかなりの数のサイトがヒットした。月間の検索ボリュームもかなり高く、クレジットカード現金化というものの注目度がそこからも伺い知れた。

よく調べてみると、どうもクレジットカード現金化は自分のクレジットカードで商品を購入してそれを現金化する「換金法」であることがわかった。
クレジットカードの中には「キャッシング枠」と「ショッピング枠」が存在するが、キャッシング枠を使えばもちろん普通の融資と同じで利息がつく。カードごとに上限金が決まっているし、支払いが遅れれば信用情報にも傷がつく。
クレジットカード現金化は「ショッピング枠」を使うので、融資扱いにはならないし、いつものオンラインショッピングと同じで、自分の希望でリボ払いや分割払いができるし、今の自分にぴったりだと思った。

利用方法は実にシンプルだ。クレジットカードと身分証明書、ネット関係と電話さえあれば誰でも利用できる。面倒な審査もいらない。どこの消費者金融業者も「面倒な審査はいらない」と謳うが、クレジットカード現金化は本当に審査は簡単だ。1日中いつでも受付しているし、今の僕のように急に必要になってもすぐに対応してくれる。

調べるうちに希望が出てきたのだが、では実際にどの業者を利用したらいいのか、正直僕は迷ってしまった。
やはり業者が多い分、詐欺を働くような店も多いらしく、被害に合わないためにも優良店を見抜く力を身につける必要がありそうだった。
まずHPを見て、電話番号を見てみる。その電話番号がちゃんと固定電話の番号か。携帯電話だと簡単に番号を変えられてしまうので、トラブルに巻き込まれやすい。また記載されている住所が実在するものかどうか。架空のものだったり記載されていないと、詐欺をした後に逃げられてしまう可能性が高い。そして手続き画面でURLが「https:」となっているかどうか。「https:」だと入力した情報は暗号化されないため、個人情報が簡単に抜き取られてしまう。気付かぬ内に自分の情報が他の店に売られるなんてこともあるから注意が必要だ。

僕は早速クレジットカード現金化を利用することにした。
今後新しい情報があったら、僕の体験談をどんどん紹介していこうと思う。

クレジットカード現金化の利用方法を知りたい